トップ

大きく違う学校の先生

学校のマイナー雑学

発表会

各学校の先生に関して

学校の先生と言っても、小、中、高によってそれぞれ大きく違います。まず、小に関しては一人の先生が担任と合わせて全ての科目を教えます。これは、まだ内容が簡単なため教える事が可能ですが、小さな子供が対象になるので教え方に工夫が必要です。次に中に関してですが、ここ辺りから受験の文字が浮かぶようになり、内容も難しくなるので、それぞれの教科に専門の教師がいます。最後に、高に関して言えば、理科などでも物理等の難しい分野が出てくるので、教師もかなり知識を持っていなくては勤まりません。また、学校の行事やクラブの顧問なども受け持たなければいけないので、毎日が忙しいと言えます。

先生に相談しましょう

学校の授業ではたくさんのことを学べます。しかし学ぶことが出来るのは授業内容だけではありません。先生からもたくさんのことを学ぶことが出来ます。なぜなら人生経験がとても豊富だからです。これまで、いろんな生徒の問題や悩みの相談にのってきましたし、その問題に寄り添って一緒に解決してきましたので、たくさんの経験を積んでいます。それで、もし学校でストレスを感じていたり友達との問題で悩んでいるなら、一人で解決しようとするのではなくまずは先生に問題を打ち明けてみましょう。そうするなら、良い方法で解決できるでしょう。

↑PAGE TOP